餅は餅屋で

おはようございます!
今日は月末なんで少し早めの出社です
明日から12月ですね…ヤダヤダ


この仕事をやってて土地の売り買いなんて事を日常的に目の当たりにするんですが…
一般人でも売り買いは別にやれる事なんです。


ただ、こんな言葉があります「餅は餅屋で」って
先週、土地を売りたいって話がありまして「じゃあ、話を聞きに行きましょう」って事に…
話を聞くと「農地を切り売りしてて、残った農地を売りたい!」ってことでした。
「ところで道路はどうしたんですか?」って聞くと自分で考えて道路を作りましたって…
「じゃあ〜分筆は誰がした?」って尋ねると「○○土地家屋調査士です」と…
私とは付き合いない方だな…。
まぁ〜本人も知識はある職業なんで「ふーん」って思ったんですが…
「あやしいな…」なんて思いましたね。
場所も申し分なく「では、調査に入りますよ!」って運びになりました。
調べると…
やっぱり…
道路の作り方…
区画の切りかた…
道路持分の残し方を…
やらかしてる…
一番やってはいけないことを…
折角、先祖代々から受け継いだ大切な土地が台無しになってます…
普通に売ればレクサス買えるのに軽自動車も買えない価値になってしまって勿体無い。
素人が手を出すとヤケドしますんで…