刹那主義

今日は朝から病院でした
相変わらず病院独特の匂いがする…
あんまり好きではない
会社に戻って色々と資料に目を通していたら「コンコン」とドアをノックする音が…
誰か来たみたいだ
「どうぞ」って言うとドアが開いてそこには知り合いの方がひょっこり顔を覗かせた。
実に2年ぶりの再会でしたが、なんだか2年ぶりな感じが全然しない…
お互い知り合ったのは自分が24歳でこの方が41歳位だったと思います
あれから17年か…
若い頃、よく仕事で色々と意見を交換してたのが何だか懐かしい
…時が経つのは早い。
まぁ〜お互いの近況をそれぞれと話したんですが、話してて思ったんですが…
この御仁、少し変わりましたね…
聞くところによると2年前に私と話して考え方が変わったと…
「あの時にあー言ってくれてなんかが吹っ切れた」と
俺、何か言ったっけ?と思いつつでしたが、まーいいか!笑
そんで今は何かをやり遂げようと考えてるみたいです。
その点、自分は相変わらずだと思ってたんですが…

その方から私は「刹那主義」だと言われました…
たしかに…
自分の将来はあーだこーだとか考えて色々とやってたんですが…
「人間、人生を左右するような痛みや苦しみを経験していると刹那的になる」と…
だって先はどーなるかわかんないのに未来の心配をするより今が楽しければそれはそれでいーかなと思いだしたし、歳ばっかり重ねてやりたいことを先送りして自分に言い訳して生きるのもなんか時間がもったいねぇーし…


せつなしゅぎ【刹那主義】
過去や将来のことを考えないで、ただ現在の瞬間を充実させて生きればよいとする考え方。
また、一時的な快楽を求めようとする考え方


あと、半日がんばりますか!