世も末だ


慶応義塾大学の男子学生(22)が数千万円を集めたまま連絡が取れなくなっている問題で、学生が、会社の関係者に「今は戻れない。お金は1億円あり、払える」とシンガポールから連絡していたことが新たにわかった。この問題は、慶応義塾大学の学生が設立した会社が、損を出さずに株取引できるとうたい、投資家から金を集めたまま学生と連絡が取れなくなったもので、投資家らは約3200万円の返還を求め、提訴している。日本テレビの取材に対し、会社関係者は「学生は、今年2月11日に日本を出国した。3月に、投資家からのクレームを確認するため、滞在先のシンガポールから連絡してきた」と証言した。その際、学生は「今は戻れない。お金は1億円あり、払える」と話し、その後、連絡が取れなくなったという。投資家らは、詐欺の疑いで警視庁に告訴する方針。』
投資した人間もバカですね(笑)


今日こそ銀行で話してたんですが…
都会に行くと詐欺師が多いと…
しかも最初から騙す気なんで手の込んだやり方をするんですよ…
余程、調査をしないとコロッと騙されます…
一昔前のオレオレ詐欺でも…
「電話する役」「警察役」「弁護士役」「お金を引き出す役」と色々います。
世知辛い世の中、こんな輩が横行する世の中なので気をつけましょう。


ここで一言…
楽して儲かることなど無い…。


乙です。。