破綻回避へ1200億円超検討


『電力業界と日本原子力発電日本原燃との関係:沖縄電力を除く9電力会社は、原発専業の日本原子力発電が資金繰りに行きづまらないよう支援する方針を固めた。1200億〜1300億円規模の債務保証や資金支援をする方向で調整している。敦賀原発福井県)など3基の原発を動かすめどがたたないため、銀行から融資を受けられないおそれがあるからだ。しかし、電力会社は相次いで電気料金値上げを決めており、業界内の支援にお金を使うのは利用者の反発をまねくおそれがある。日本原電は4月に借入金1040億円の返済期限が来る。銀行から借り直そうとしているが、一部の銀行は電力業界が保証するよう強く求めている。もし借りかえができなければ、日本原電は借金を返せずに経営破綻(はたん)する。このため、日本原電から電気を買っている東京、関西、中部、北陸、東北5電力のうち、原発事故を起こして実質国有化された東電を除く4電力が1040億円分の「債務保証」をする。返せなくなった時に返済を肩代わりする約束だ。』朝日新聞デジタル 2月22日(金)10時7分配信

微妙な話になってますけど、日本原電が4月に借金を返せずに経営破綻すると債務保証している電力会社が借金を返済することになる。
しかも、身内内の借金の返済の為、利用者の電気料金を上げるので結局は利用者が被るんですよね。
今、太陽光ソーラー発電が流行ってますが、ここ3〜10年先は、どーなるかわかりませんよね。


乙です。