加熱らしい


コンビニエンスストア大手3社の出店競争が過熱している。最大手のセブン−イレブン・ジャパンと3位のファミリーマートは今年度中にそれぞれ過去最高の1500の新規出店を計画、2位のローソンも過去10年で2番目の高水準となる870の出店を予定している。プライベートブランド(PB)商品の充実や、東日本大震災を機にコンビニの便利さが認められたことで、高齢者や女性の利用が広がっていることが背景にある。一方、大手3社の寡占化が急速に進み、下位のコンビニ各社にとっては厳しい環境となっている。今年度の3社の出店数は計3870店で5年前の2倍の水準。出店加速でコンビニ全体の市場規模も拡大し、2008年の7.8兆円が12年には9兆円超に上った。出店加速の要因は顧客層の広がりだ。コンビニの顧客は元々、若い男性が中心だったが、高齢者や女性らが利用するケースが増えているのだ。』


今日は土地契約があります。
ちなみに明日は晴れかな?
久々に熊本まで走ってみるか?